新刊情報

『私の愛した四冊の本』New!!

年齢はたんなる記号ではなく、そこに時代と経験がともなって、その人生は普遍性をおびる。
あとらすに取り上げられた四冊の本。

『水車小屋のウィル-新装版-』

スコットランドの山峡から届いた不朽の名作。『宝島』『ジキル博士とハイド氏』の作者スティーヴンソンが、幼少時代・恋情と死を題材に、「人間の真の仕合せ」をこの短編に込める。

パリ 二十六景

海外駐在員として過ごした70~90年代のパリの思い出。
フランスやそこでの生活に結びついた単語を、アルファベット毎に一つずつ選び、思い浮かぶことを綴ったエッセイ集。

茅の中

茅に向かって、ただひたすらに近づこうという3年。長い道のりの初めの印として、ここに「てん」を残すこととする。

既刊案内

投稿による総合文芸誌 あとらす NO.49
投稿による総合文芸誌 あとらす NO.48
投稿による総合文芸誌 あとらす NO.47
葉書に書いた人物スケッチ
投稿による総合文芸誌 あとらす NO.46
ととこのあたま 野茂木ななエッセイ集

自費出版案内

お知らせ

『水車小屋のウィル -新装版-』電子版発売New!!
『戦争と子ども』が新潮社新刊『ノイエ・ハイマート』(池澤夏樹著)に引用されました
『建築はほほえむ』が「大阪芸術大学 学生募集要項入試ガイド2025」に掲載されました
【シンフォニー・オブ・アート— イメージと素材の饗】にて熊井恭子氏の作品集が販売されます
『建築はほほえむ』が書店員が本気で選んだ203冊 美術書カタログ「defrag3」に掲載されました(丸善ジュンク堂書店)
「湯澤毅然コレクション」が「東京新聞」コラムに掲載