西田書店 | 游魚(ゆうぎょ) №5
西田書店は神田神保町で40余年変わらず「小さな場だからこそ出来る本づくり」を信条とし、著者に寄り添い、原稿を精読し、原稿に相応しい本づくりに努めております。自費出版やその他の図書出版についてお気軽にお問い合わせ下さい。
西田書店,神保町,自費出版,図書出版
23093
single,single-portfolio_page,postid-23093,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
 
既刊案内

游魚(ゆうぎょ) №5



著者: 谷川渥ほか

発行年月:2017年  11

ジャンル:評論
判型 / ページ : A5判 / 246

 

ISBN978-4-88866-620-6 C0095 ¥1300 E

価格:(本体1300円+税)




文学論、美術論、デザイン論の総合誌

【第5号の主な内容】 谷川渥/夢野久作のエロ・グロ・ナンセンス 平井倫行/闇の装飾学―伊邪那美の死および黄泉国描写に見る美的起源性 衣(hatoriI)/眷恋の淵にあくがる乙女がいて赤子孕んだ赤子を孕む 谷 新/高木修〈1度〉の思想―その「身体」と「他者」を媒介とした表現の地平 柏木博/ブリコルール(器用人)の思想・花森安治 萩原朔美/文体(形)と思考(内容)の関わり