西田書店 | 詩集 わが涙滂々
西田書店は神田神保町で40余年変わらず「小さな場だからこそ出来る本づくり」を信条とし、著者に寄り添い、原稿を精読し、原稿に相応しい本づくりに努めております。自費出版やその他の図書出版についてお気軽にお問い合わせ下さい。
西田書店,神保町,自費出版,図書出版
22069
single,single-portfolio_page,postid-22069,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
 
既刊案内

詩集 わが涙滂々



著者:小島力
発行年月:20135
ジャンル:詩集
5 / 132ページ
ISBN:9784888665698
価格:1400円(消費税込み 1470)



原発にふるさとを追われて

草茫々 何もかも亡々 悔し涙滂々
詩篇にみなぎる東電への沈潜した怒り(石川逸子/詩人) 再稼動をたくらむ政官財はこの声を聞け!(鎌田慧/ルポライター) 30年前の作品群に込められた予言と警告(邑上守正/武蔵野市長)
「帰れぬ古里へささげる詩」読売新聞(2013年5月17日)、「福島から武蔵野に避難の小島さん 原発への怒り詩集に」東京新聞(5月20日)、関連記事掲載。「どんな言葉もすべり落ちてゆく」池内紀氏書評(サンデー毎日6/16号)掲載。「ふるさと追われ原発を問う」朝日新聞福島版(6月21日)掲載。詩人会議(9月号)詩集評掲載。「3・11後を生きる 原発の詩 人影ない舞台 27年後の『何もしなければ』」東京新聞(2014年3月18日)掲載。
*重版できました。