西田書店 | 喪失―哲学のソナタ249章
西田書店は神田神保町で40余年変わらず「小さな場だからこそ出来る本づくり」を信条とし、著者に寄り添い、原稿を精読し、原稿に相応しい本づくりに努めております。自費出版やその他の図書出版についてお気軽にお問い合わせ下さい。
西田書店,神保町,自費出版,図書出版
23335
single,single-portfolio_page,postid-23335,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
 
既刊案内

喪失―哲学のソナタ249章



著者:野呂重雄

発行年月:2021年  3

ジャンル:文芸/漢詩

/ ページ : A5判変形/584

ISBN978-4-88866-654-1 C0010 3600E

定価 (本体3600円+税)



イロニーでつらぬかれた実験的哲学小説

本書は、ありふれた日常、ありふれた世相を題材に、著者自らの強烈な喪失感にもとづき、人間の弱さが強さをこえ、権力的になれない人間が権力的強さをこえ生きていく方途を、カフカと後期フッサールへの全面的共感に根ざし、存在論をバネにして「後ろ向きに生きる」意味を問う。