西田書店 | ぼくは小さな灰になって…
西田書店は神田神保町で40余年変わらず「小さな場だからこそ出来る本づくり」を信条とし、著者に寄り添い、原稿を精読し、原稿に相応しい本づくりに努めております。自費出版やその他の図書出版についてお気軽にお問い合わせ下さい。
西田書店,神保町,自費出版,図書出版
22416
single,single-portfolio_page,postid-22416,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
 
既刊案内

ぼくは小さな灰になって…



著者:御庄 博美/石川 逸子編
発行年月:20043
ジャンル:社会
四六判 / 116ページ
ISBN:4888663831
価格:1200円(消費税込み 1260)



あなたは劣化ウランを知っていますか?

α線放射能による体内被曝をもたらす「もうひとつの核兵器・劣化ウラン弾」は、湾岸戦争以来、アメリカ軍によって今なお大量に使用され、その実態は巧妙に隠蔽されたままだ。
戦禍の子どもたちは白血病や癌に冒されて死んでいく。
著者は、被爆医師として詩人としてこの実態を詩篇と詩劇によって告発し、その声に、長年「ヒロシマ」をテーマとしてきたもう一人の詩人が呼応する。