西田書店 | 投稿誌あとらす
西田書店は神田神保町で40余年変わらず「小さな場だからこそ出来る本づくり」を信条とし、著者に寄り添い、原稿を精読し、原稿に相応しい本づくりに努めております。自費出版やその他の図書出版についてお気軽にお問い合わせ下さい。
西田書店,神保町,自費出版,図書出版
22471
page,page-id-22471,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
 
投稿誌あとらす
全国唯一の投稿による総合文芸誌
at-c2
「あとらす」創刊と歩み

本誌は1999年、神戸在住を中心とする数人の同人によって創刊されました。年2回の発行、10号で閉じる、という趣意でのスタートでしたが、終刊に近づく頃、これを惜しむ声が神戸新聞に載り、続行の打診が小社に届きました。当時、同人誌がさまざまな事由によって廃刊が続き、作品の発表の場が狭まっている声も届きました。小社はこうした状況を勘案して引継ぎを決めました。引継ぎに際しては、同人制を改め、一期一会のオープンな場とする、作品の内容も枠に捉われず「文芸」を広義に捉え、「雑誌」の楽しみを前面にする、投稿者の負担を考え掲載料をできるかぎり抑える、作品の水準を保つことに務める、著者と読者の交流を図る、などを掲げました。こうした主意が徐々に理解され、「『あとらす』に書く『あとらす』を読む」のフレーズの広がりとともに現在に至っております。ここに最新号の作品の一部と目次をご紹介しますのでご一読ください。そして皆さまの投稿をお待ち申し上げます。(編集部一同)

掲載審査から刊行まで
1. お問い合わせ

2. 編集部へ原稿送付(原則として文字入力済み。メール送可。CD/FD 送の場合はコピー紙添付)

3. 原稿チェック⇒掲載の可否を連絡( リライト条件での掲載もあります)

4. 投稿料の連絡(支払いは刊行後)

5. 初校出校⇒著者校正および社内校正開始

6. 再校出校(初校の責任校了もあります)

7. 印刷/ 製本完了

8. 各著者へ掲載頁数に応じた見本送付

9. 書店販売へ

atlas-illust
掲載料について

掲載料は作品の頁数に応じて分担とさせていただきます。
最初の1 頁のみ4000 円
以降  1 頁 3000 円

(例) 10ページの作品を掲載した場合
最初の1 頁4000 円
+9頁×3000 円
=31000 円

西田書店「あとらす」編集室
東京都千代田区神田神保町2-34山本ビル2F
TEL 03-3261-4509 FAX 03-3262-4643
担当者 日高・関根

あとらすバックナンバー